<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

上本町YUFURA
c0193517_2316928.jpg

上本町YUFURAに行って来ました♪♪
慣れた上本町が別物になっていて上本町にいる気がしなかったです

c0193517_23192493.jpg

YUFURAは基本的にファッションビルなのですが 
今回はぶらぶらせず早めの晩ごはんに廻転すし食べて
デザートにnana's green teaでソフトクリームあんみつを食べました

c0193517_2322162.jpg

この日YUFURAに行ったのは新歌舞伎座で興行されている
NEMURI×GACKT PROJECT「眠狂四郎無頼控」鑑賞のため

新歌舞伎座は難波にある時に1度行ったことがあって~
当時好きだった少年隊のヒガシが沖田総司役の演目
「そーいえば行ったよなー」なんて思い出しながら
エライ昔過ぎてビックリしてしまいました(笑)

今回新開場した新歌舞伎座は結構1列目と舞台が近く
しかも19列目しかないので全体的にこじんまりしている印象

で 主役のGACKTサマですがテレビで観て感じるように
美しく人間ぽくないお方でした  
ただ気になったのは右足に包帯が巻かれていた・・・
お稽古中に傷めたのでしょうか?
肌色に近い包帯ってないのでしょうかね~
時代劇だったので違和感感じてしまいました
[PR]

by Sigkeiko | 2010-09-30 00:01 | その他
「食べて、祈って、恋をして」


映画「食べて、祈って、恋をして」観に行ってきました♪
残念ながら原書を読んでから映画を観たので
内容が薄くなってしまっていると感じずにはいられませんでした
原書445ページを2時間30分の映画に収めるのは難しいでしょうね~
主人公が内省する深みが映画にはあまり出てないのです(T-T)
とは言っても映画 旅行好きの人は非常に楽しめると思います
私はローマとバリに行きたくなってしまいました♪♪
思いっ切り想定内ですけどね(笑)

さて映画を観て感じたことをちょこっと
「スパイダーマン」で人気を博したジェームズ・フランコが出てるのですが
「スパイダーマン」の頃より格好よくなっています 
というか私は感じました♪
何か錦戸亮くんぽい魅力を感じたのですが役柄のせいでしょうか?

ハビエル・バルデムはあいかわらずGOOD
彼はスペイン人ですがブラジル人役の違和感なし

以前の記事で書いたナポリのDa Michele
映画に出てきました!!
お店でマルゲリータを食べてる~
観に行かれる予定の方はお腹を満たしてからの鑑賞おすすめします
[PR]

by Sigkeiko | 2010-09-23 10:44 | 映画・本
「グレート・ギャツビー」
c0193517_8333224.jpg

♪♪ I can give you gatsby gatsby gatsby~♪♪
とCMソングでおなじみのギャツビーですが
アメリカの古典への苦手意識が払拭できない私は
(「ライ麦畑~」でダメだった・・・)
スコット・フィッツジェラルドの「グレート・ギャツビー」
も手に取ることがこれまでなくて~

でも少し前に読んだ村上春樹氏の「走ることについて語るときに僕の語ること」で
氏が「グレート・ギャツビー」を絶賛しており 氏の翻訳本が出ていると知り
今回読んでみることにしました♪
(「走ることについて語るときに僕の語ること」は最近読んだ中で個人的に1番印象深い作品近いうちにアップします!!)

読んでみて
せつないお話だけど風景描写がすばらしい~です
でも内容以上にアメリカの古典への苦手意識から少し開放されたという意味で
私にとってメモリアルな作品
ただ読みきれてないなという悔しさも残ったのも事実

この「グレート・ギャツビー」はアメリカでは英文学の必須科目だそう
私たちにとっての「走れメロス」や「舞姫」ってとこなのでしょうか
古典=読み続けられてきた作品 
読む価値があるから読み継がれているわけでそういう作品を楽しめないのは
非常にもったいない!!と思っていた私にとって有意義な読書でした♪
って読書はいつでも私には有意義ですけどね~(笑)
[PR]

by Sigkeiko | 2010-09-18 08:32 | 映画・本
「17歳の肖像」
今年のベネチア映画祭金獅子賞はソフィア・コッポラが取ったみたいですね~
「サムウェア」という映画いつ日本で公開になるのかなと思っていたら
来年の春ですって!! もうちょっと早く来て欲しいなぁ



「17歳の肖像」観ました♪
21世紀のオードリー・ヘップバーンと言われるキャリー・マリガン主演
ヘップバーンとはこれまた大きな事を言われているなと思ったのですが
この映画を観て言われることをすごく納得しました
演技も上手でキャリー・マリガン すごくキュート♪♪です

映画は16歳の優等生だった少女が大人の男性と恋に落ち
勉強そっちのけで大人の世界にのめりこんでいくお話
16歳にしてはちょっとイタずぎる気がするけど
そこは知性と努力でカバー

私たち大人に若い頃のことを思い出せてくれる映画ですが
今 思春期の思い悩む若者が自分の道を考える材料として観るにも
いい映画だと思います♪
An Education(原題)ですからね(笑)
[PR]

by Sigkeiko | 2010-09-17 07:44 | 映画・本
「Eat,Pray,Love」
昨日の記事のタイトルが変でしたね(T-T)
記事を書いている途中でいきなり画面が変わっていらいら
UPするのは明日にしようと思っていたら変なままUPされてて~
今判明してビックリしました~ 気を付けます

c0193517_2181017.jpg

さてTOEICを受けるに当たってすることは
TOEIC公式問題集や中村澄子先生の緑本で文法を見直すことのみ
TOEIC対策の参考書がたくさん売られていますけどね~
どれがいいのかよく分からないので
持っている物で何度も繰り返し勉強しています

でもそれだけじゃ~という気もして
「Eat,Pray,Love」の原書を読むことにしました♪♪
今回は多読の意味での読書なので日本語訳のものも一緒に購入
章ごとに英語読んで日本語読むのを繰り返しています

こちらは心身共に疲れ果てた女性がイタリア、インド、バリを旅して再生するお話のよう
(のようというのはまだ途中だからです)
なかなか共感できる部分が多くぐんぐん読み進めています
インドの部分に入ってペースが若干遅くなりましたが・・・(笑)

まずはイタリア
Eat だけあって食べるお話がよく出てきます
中でも印象深いのはナポリにピッツァを食べに行くお話
ナポリ出身のお友達おススメのピッツェリアに行くのですが
そのお店はなんとDa Michele!!
あのおいしいマルゲリータを思い出し食べたい病が発熱してしまいました
本の中でもthe best pizza in the worldと
私もそー思います どこでもドアがあったら今からでも行くのに・・・

でまだ途中のインド こちらはPray
グルに師事してアシュラムで修行します
私が特に共感したのは心が落ち着かず瞑想に入れない部分
私もたまにジムのヨガレッスンで瞑想するけど
目をつぶっているだけの時がしばしば
"○○にメール打つの忘れてる"とか"帰りにパン買って帰ろう"とか
そんなこと考えてしまっています
瞑想にすーっと入れる時と雑事が頭から離れない時何が違うのでしょうね???
いつも不思議に思います

これから読むバリでは恋愛が始まるよう
映画も今週から始まるし しばらくはこの本を堪能したいと思います♪ 
[PR]

by Sigkeiko | 2010-09-13 21:53 | 映画・本
TOEIC受けました
昨日TOEICを受けることになっていたので籠ってました
なんでアップできることといえば読書感想くらいで・・・
しばらく本ネタが続くかもしれませんがお付き合いください

さて昨日のTOEIC
いつになく席をかわりたいという人が続出
クーラーのきき方が席によってまちまちなので(昔のクーラーにありがち)
暑くて試験を受けていられないという人がいたり
私の前の人はその前の人の長い髪が邪魔なので席をかわりたいと主張
(大学の教室は席の間が狭いので後ろの席の人の机に前の人の髪が乗っていた)
みんな結果を残したい一心なんですね~ 当たり前かっ(笑)

そんな昨日のテスト
よかったと思えるところは
*PART3,4の先読みができたこと
*長文の内容がよく頭に入ってきたこと
これは試験前にぺーパーバックで多読したことがよかったのかなぁ?と
分析しているのですがどうでしょう?

できなかったこと
*あいかわらずリスニングができなかった・・・
PART1 点数取るパートなのに私 苦手
"人が何かをしている”例えば本を持っているとかバスに乗るとかはOKなんだけど
風景や物の状態を描写している写真に今回もあたふたしてしまいました(汗)
昨日はプールの写真がの問題があってモップが1つあるなぁとか感じていたら
"プールに窓が写っている"と聞こえてくるし
PART2も含め英語を聞く量が少ないのでしょうね
しばらく多聴したいと思います
[PR]

by Sigkeiko | 2010-09-13 06:30 | その他