<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「インドシナ」


5ヶ月前にマイレージの特典旅行でGWのタイ旅行を計画
"いよいよだー♪"とウキウキしていたのに
治安が悪化 外務省も渡航を検討しましょうと自粛を促す様で
泣く泣くタイ行きを断念することにしました(T-T)

しかしそこでおとなしくしている私ではありません
旅行かばんを出してかなり旅行モードになっていたので
1人旅になっちゃったけどベトナム ハノイに行く事にしました♪

3日前にタイに行かないとなってデルタ航空に電話
まずアンコールワットに行こうとシェムリアップ行きのフライトの
調整を試みましたが スケジュールが合わず・・・

次に映画「インドシナ」を観てかねてから行きたかったハロン湾へ行こうと
ハノイ行きのフライトを見てもらったら 空いてるじゃない♪~ってことで即決め 
デルタ航空の方 すごく親身に対応してくださってホント感謝です
(「インドシナ」いい映画なのに近くのTSUTAYAになかった・・・)

じゃ~今度ホテル取らなきゃってなるんだけど直前予約のため
すんなり行かずハノイのホテルの予約担当者と8往復 メールのやり取り 
でも出発前に何とかうまくまとまりました ほっ 
(このことは帰ってきてから書きますね) 

旅行の準備をして ハノイの勉強をして
ばっちり!!行ってきま~すと言いたいのですが
帰りの便 ソウルでのトランジットに13時間もあるので
その間ソウル市内に出るんですよね・・・
ソウルの準備があいまい・・・(汗)

こんなバタバタするのは初めて(29日休みでよかったぁ~)
でもおもいっきり楽しんでこようと思います
みなさんも思い出に残るGWを~
行ってきま~す♪
 
[PR]

by Sigkeiko | 2010-04-30 22:57 |
「告白」
c0193517_845192.jpg

文庫本になるのをずーっと待っていた作品「告白」
新聞広告で文庫の発売を見た日 
会社に行ったら「告白」を私が読みたいと思っているのを知ってる人が
ニコニコ顔で「買ったでー 読み終わったら回すわな」と一言
この作品を読みたいと思っているのに
まだ読めてない人が結構いるのではないでしょうか~

この作品 話し調の文体だからかすすすっと読め 
どう告白が続くのか気になりながら楽しく読めます♪
(主人公は松たか子というイメージで情景がクリアに浮かび上がりました)

ただ青少年犯罪ものが私の好みでないのにあわせて
見事に登場人物みんなが自己チューでかすかな嫌悪感が・・・

そこまで高い評価を受ける作品でないと考える人もいるようですが
本屋大賞というものが「読ませたい作品を選ぶ」賞であって
「読者が楽しめるものを選ぶ」という観点で選んだのなら
「告白」は大賞を取るのにふさわしい作品だと私は思いました
[PR]

by Sigkeiko | 2010-04-25 08:44 | 映画・本
「アリス・イン・ワンダーランド」

ティム・バートン監督「アリス・イン・ワンダーランド」3D吹替版を観ました♪
「アバター」は奥行きを感じさせる3Dでしたがこちらは前に出てくる3D
「バイオハザード」の予告で手裏剣のようなものが飛んできたとき
思わずよけてしまいました(笑)

相変わらず”マトモでないことの素晴らしさ”を語っていて
何よりも色彩感覚がすばらしい!!
「チャーリーとチョコレート工場」を超えてます
赤の女王のアイシャドウの発色のよさったら 
くま目の私は心からうらやましいーと思ってしまいました
頭が大きいのは勘弁だけど~(笑)
(ハートのモチーフもかわいいよ♪)

ティム・バートンというマニアックな思考を持つ監督が
こんな幅広い層が観る大作を手がけたというのがいいなぁ~と思います
好きなことをやり続けて認められるということを見事に体現するティム・バートン
すごく才能を感じる監督の1人です
[PR]

by Sigkeiko | 2010-04-25 01:51 | 映画・本
「終末のフ-ル」
c0193517_17513283.jpg

伊坂幸太郎ワールドどんなのかしら?ってことで
「終末のフール」読みました♪
(今まで読まなかったのが不思議です!!)
彼は、本屋大賞連続受賞ってことで読む前から期待値が高くて~
でも期待し過ぎるといい作品でもいまいち感が残るから
ニュートラルな気持ちで読もうと思って読み始めました

正直 期待以上でした♪ 
さすが人気者なだけあるなぁー
本屋でコーナーがあったり、積まれているのが納得です
今度「死神の精度」読んでみようかな? 

「終末のフール」は3年後小惑星が地球にぶつかり 地球が滅亡するという設定
もしそんな状況になったら私どーする!!
次の日会社に行って「明日から来ません!!」って言うのは確実やな(笑)
で 行きたいところへ行く旅に出るだろうな~
でも飛行機飛ばしてくれる人がいなかったら行けないしなー(T-T)
まだ3年あるしって本読んだりDVD観たりしてそう~
でもパーティーしたいなぁ 地球滅亡決定パーティー!!(笑)
次の日のこと気にしなくていいエンドレスパーティー♪
おもしろそうやけどちょっと怖いか・・・
[PR]

by SigKeiko | 2010-04-23 07:34 | 映画・本
「マツケン食堂」
私 数品いただいても一品しかブログに写真載せていません
ただの面倒くさがりなのですが
どの写真を載せるのか当てようとする人たちがいて・・・
プレッシャーを与えてくれるそんなコワーイ人たち(笑)と「マツケン食堂」行ってきました♪
月曜日の夜なのに満席でビックリ

c0193517_2331713.jpg

そのコワーイ人たち 実はとても愉快な人たちで
特に私の前に座ってた人はメニューに「ハダカイワシのパン粉焼き」↑
を見つけてから「ハダカ」という言葉に取り付かれ
で イワシになったつもりか ひれに似せた手を胸を覆い
「こんなんかな?」と遊んでおられました
胸 全然隠せてないし~(笑) 

ちなみにハダカイワシは胸を隠してたりしてなくて
獲られて船に上げられた時に鱗が取れているのでそう呼ばれているらしいです 
そんなイワシいてるんですねぇ
全部の魚がハダカイワシのようだったら鱗取る面倒が省けるのになんて
都合のいいこと考えてしまいました 
[PR]

by Sigkeiko | 2010-04-21 23:31 | 外ごはん
「サヨナライツカ」
c0193517_1415361.jpg

GWに予定しているタイ旅行にご一緒してくれるAちゃんは
「サヨナライツカ」がタイ行きを決定付けたと言っていたので
私も読んでみようと思いながら読んでなくて~
それはこれまで辻仁成作品があまり好きではなかったから

でもそんな私と同じように辻作品を評していた人が
「辻仁成のツィッターをフォローしてたらファンになった 
これまで彼の作品の良さを自分が読み取れてないのかもと思った 
作品読んでみようかな」なんて言い出して
「じゃ私読んでみるわ」ってことで読んでみました♪

「だめ」っていう感想を持つのも「いい」という感想を持つのも分かるなぁ
というのが私の感想です でもちょっと「いい」の方が勝ってるかな?

私25歳のイタリア留学前に友達に連れられて
今後をよきに導くような水晶のブレスレットを作って下さる方に
お会いするということがあって その方に
「あなたは前に壁があってこのまま進めばぶつかることが分かっていても
自分がよいと思えばそこからアクセルを踏むようなところがある
壁にぶつかって周りはハラハラしているのに自分は満足している人」
と言われるという事がありました
 
私自身そういう自分の気質を分かっていたので
観る人が観たら外見にもそういうのが表れているのかとびっくりし
だからこそ冷静さを身に付けたいなとその時も思ったのです
(数年経った今少しは身に付けられたと思いたい)

↓以下ネタばれです これから読まれる方は読まないでね♪
読んでくださる方は下の白い部分にマウスのカーソルを当ててドラッグして下さい


そんな私なので豊の「破滅してでも気持ちに正直に生きたい」という思いに
同調できるし何やかんや言いながらも
婚約者との結婚を選ぶスマートさも理解してしまいます
でも敢えて「理解してしまいます」と書いたのは
光子のことを思うと微妙な気持ちになるから 
やはり私は女で男の身勝手を易々と許してはいけないような気がしてしまうのです


まぁともかくタイに行くことができたら
(O夫妻がヨーロッパから帰って来れるのか心配!!)
オリエンタルホテルを拝んできます♪
[PR]

by Sigkeiko | 2010-04-18 08:18 | 映画・本
花よりピッツア
c0193517_0413073.jpg

通り抜けに行って夜桜を楽しむつもりだったけど
あいにくの雨のためお花見は早々に中止
同じ天満橋にあるAちゃんより「おいしいよ~」と聞いていて気になっていた
ピッツェリア エスポジートさんに行ってきました♪

さすがイタリアで修行されていただけあって
↑めちゃうまマルゲリータ!!
おいしいピッツアは生地の美味しさを堪能できますね~

お店ももちろんmondo sud italianoでした
ナポリのラジオが流れていたり
ナポリに属していた時のマラドーナの写真が高々と飾られていたり
普段なら〆はドルチェな私もこの日はレモンチェッロいただいちゃいました♪
[PR]

by Sigkeiko | 2010-04-17 00:54 | 外ごはん
吉野で花見
c0193517_17412282.jpg

吉野にお花見に行ってきました♪
吉野駅から中千本までバス 中千本から上千本までは頑張って登りました
結構きつい登り(T-T)
でも頑張って登ってよかったです
吉野は桜を上から見下ろすと見事↑~ まさしく千本って感じ
こういう見方ができるのは吉野ならではですね
c0193517_17413737.jpg

c0193517_17414969.jpg

私たちは朝早めに待ち合わせて昼過ぎには大阪に向かったので
行列に遭遇するということはなかったのですが 
帰る頃吉野駅から中千本行きのバス 8台くらいがが中千本のバス停に入るのに
列を成していました 車中で待たされたのではないかと思います
早起きは三文の徳ってよく言ったものですね~
[PR]

by Sigkeiko | 2010-04-11 18:06 |
お魚基本技術の会 4月
c0193517_2123349.jpg

c0193517_21234694.jpg

c0193517_21242686.jpg

今月が最終会のお魚基本技術の会
お魚はいなだ
いなだの刺身(↑薄く切り過ぎです しかもわさびの台下手くそ) 
中華サラダ 若草焼きを作りました
いつもより大き目のお魚ですが2人で1尾だったからか思っていたより
すんなり作業が進み1年間月に一度だけだけど
続けた成果かなと少し自分を褒めてみました(笑)
相変わらず包丁さばきは全然xですが・・・

お魚好きなんでこのコースに通った訳だけど名前を覚えるのは非常に苦手
(犬とか猫とかお花とかも苦手なんですよねー)
しかもいなだは成長するにつれて名前が変わる上に
関東と関西で呼び方が違う・・・
関東 わかし→いなだ→わらさ→ぶり
関西 わかな→つばず→はまち→めじろ→ぶり
出世魚は縁起がよいと言われてるけど ちょっとtoo muchじゃない? 
[PR]

by Sigkeiko | 2010-04-10 21:44 | おけいこ
「ナニカアル」
c0193517_1392627.jpg

会社の人が貸してくださったので(色々貸してくださるのです)
桐野夏生の「ナニカアル」を読みました
「放浪記」の林芙美子の回想記なのか小説なのか
分からない原稿が出てきたという設定

帯には
"戦争に翻弄された作家 林芙美子の秘められた愛を炙り出し~と書かれている
でも私は秘められた愛よりも彼女の作家としての生き様に凄みを感じました

軍部が書いて貰いたいことだけを書く作家意外は要らないという時代
自分の書きたいものが書けず 
書いたのがまっすぐ伝わらない状況にありながらも芙美子は
「・・・だって 書かなきゃ食べられないんですもの。
・・・私たち(作家)は署名原稿を書いている。だから原稿に責任を負うのよ。・・・
私が軍のお先棒を担いだとしても
それが間違いだったとしても 恥じてはいないわ・・・」と言い切る
まさにプロ魂!!

この作品 何か賞を取ってもおかしくないなと思いました
今「放浪記」も売れているそうですね これ読んだら読みたくなります
[PR]

by Sigkeiko | 2010-04-09 23:27 | 映画・本