「Io Sono L'amore」

邦題「ミラノ、愛に生きる」観てきました
自分を押し殺し家族のために生きてきた女性が許されない恋に落ち 
自分の欲望に正直になる時に下す決断を描いた作品
イタリアの上流社会をラグジュアリーな衣装・屋敷・料理で見せる世界は
ルキノ・ヴィスコンティ風と評される通り 耽美的
その美しい世界を堪能するだけでも価値ある映画だと思いました

主役のティルダ・スウィントン 51歳って
若過ぎる・・・
ダミアーニの大ぶりジュエリー×ジルサンダーのシンプルな衣装
はイタリア人と結婚したミラノ在住ロシア人マダムという風情を
よく醸し出しているなと思いました
イタリアンマダムとは異なるでもイタリアンファッション
Classicoでよいです♪♪
[PR]

by SigKeiko | 2011-12-29 15:48 | 映画・本


<< 今年もよろしくお願いします♪      Chiancarelli >>