「天地明察」
c0193517_2253938.jpg

冲方丁の「天地明察」読みました♪ 
おもしろくて474ぺージ一気に読んでしまいました
まぁ台風で家に籠ってたとも言えますがね
それにしても本屋大賞という言葉に弱いようです(笑)

"日本独自の暦を作る"という壮大な夢を現実のものにした碁打ち 渋川春海の伝記
(それまでは中国の暦を使用した)
伝記とは偉大な人物の輝かしい功績を称えるものですが
この小説の主人公は大人物という感じに書かれていません
でも夢をものにできる人がもつ特徴がありありと感じられるので
その点では非凡さを感じずにはいられないって感じでしょうか~

ではこの小説から感じた夢を現実化できる人の特徴とは
*これはと思ったものに打ち込める気質
*よき仲間やメンターに恵まれる
*同じ過ちを繰り返さない
*愛されるキャラクター

江戸時代に自己啓発本ってあったんかな~と思うくらい
その特徴が平成の時代の自己啓発本に書かれていることに沿っている・・・
成功の秘訣は時代を超えた秘訣ってことなんでしょうかね???

そんなことはともかくこの本めちゃ面白かった!!
理系の方におすすめです
[PR]

by SigKeiko | 2011-09-06 22:21 | 映画・本


<< 「あしたのパスタはアルデンテ」      「インド旅行記」 >>