「インド旅行記」
c0193517_1114055.jpg

友達から借りたり図書館で貸してもらって
中谷美紀著「インド旅行記」を読みました♪♪♪
1は北インド編 2は南インド編 3は東・西インド編です

女優中谷美紀に繊細なイメージを持っていたので4回 約5ヵ月のインドの旅は
私にとって意外でしかも結構ハードな日程をこなしているので尊敬しました
私は2週間のスペインの旅で旅することに疲れましたから・・・(T-T)
でもそんな当初の私の気持ちを代弁するような文章を彼女は綴っていて
"同じ場所で同じことを繰り返すならたちまち飽きてしまうくせに、
毎日が変化の連続だと疲れてしまう。"
"素晴らしい芸術に圧倒されて疲れてしまったらしい。"
旅は楽しいでもこのジレンマは付きまといますよね~

こんな彼女ですから旅慣れている感じがあふれていて
インドについてのさまざまな情報は有益なものばかりです
インド特有ってわけでないけど
インドに行って似非ベジタリアン(魚は食べていい)になったからこその情報
"動物は人間より体温が高いので、食べた後にその脂肪が固まって、負担になるけれど
魚は人間より体温が低いために人間の体内でも脂肪が融解しやすいらしい。"
にはそういうことなのか!!とうなりました 

あとがきに
"ありとあらゆる価値観や宗教、文化が入り混じる国を訪れたことで、己の尺度で
他人を計るほど愚かなことはないと、再認識させられた"とあります
この感覚を肌で感じたいからこそ
私もわざわざパスポートを持って旅に出かけるのかもしれません
日本にいると感じにくいこの感覚
でも価値観が分散化する日本だからこそこの感覚が必要な気がするし
このおかげで生きやすくなることを知るべきではないかなぁなんて思いました

以上まとまりのない読書感想文にお付き合いくださりありがとうございます☆
ファイブスタークラブからもうすぐカタログが届く予定
旅の計画立てるぞー!! マネージャーお休みくださいね~(祈)
[PR]

by SigKeiko | 2011-09-03 11:51 | 映画・本


<< 「天地明察」      Corso di Cuccin... >>