「ゴールデンスランパー」
c0193517_22593688.jpg

2008年本屋大賞受賞 第21回山本周五郎賞受賞
「このミス」こと「このミステリーがすごい」2009年国内第1位
と評価の高い伊坂幸太郎の「ゴールデンスランパー」読みました♪
この本 映画化してたんですね~ 知らなかった(汗) 邦画弱いな私・・・

仙台の街の中心で首相が暗殺され 
そしてなぜか自分が犯人になっているというお話 
濡れ衣着せられた系か~などとぼんやり読み始めたのですが
ぼんやり読んでたらこの本のよさを満喫できない!!と
始めの方で思わされ 背筋を伸ばしてくれ
最後の678ページまで話にどっぷり話に没頭できるいい本です

暗殺された首相の言った言葉
「腕力がなくとも、精度の高い情報を持っている者は、他人から頼られ、必要とされる」
これが言いたくてこの本書いたのかなぁ~なんて思いましたし
その通りと深くうなづいてしまいました
次の首相はこういうこと分かって行動と政策で示してくれる人であって欲しいなぁ
とも思いましたしね~
っていうかいつの間にか代表選の話になっててビックリしてるんですけど私・・・
[PR]

by SigKeiko | 2011-08-17 23:25 | 映画・本


<< 亜州食堂チョウク      タッカンマリ >>