「アリス・イン・ワンダーランド」

ティム・バートン監督「アリス・イン・ワンダーランド」3D吹替版を観ました♪
「アバター」は奥行きを感じさせる3Dでしたがこちらは前に出てくる3D
「バイオハザード」の予告で手裏剣のようなものが飛んできたとき
思わずよけてしまいました(笑)

相変わらず”マトモでないことの素晴らしさ”を語っていて
何よりも色彩感覚がすばらしい!!
「チャーリーとチョコレート工場」を超えてます
赤の女王のアイシャドウの発色のよさったら 
くま目の私は心からうらやましいーと思ってしまいました
頭が大きいのは勘弁だけど~(笑)
(ハートのモチーフもかわいいよ♪)

ティム・バートンというマニアックな思考を持つ監督が
こんな幅広い層が観る大作を手がけたというのがいいなぁ~と思います
好きなことをやり続けて認められるということを見事に体現するティム・バートン
すごく才能を感じる監督の1人です
[PR]

by Sigkeiko | 2010-04-25 01:51 | 映画・本


<< 「告白」      「終末のフ-ル」 >>